ランキングで選ぶ美肌化粧品~老けない目元や肌にするために刺激が弱いです~

スキンケア

老けない目元でいるために

スキンケア

刺激に弱くデリケートな目元は、小じわなどの目元トラブルが起きやすいです。アイメイクのやり方や落とし方に工夫して、なるべく刺激を与えないようにしましょう。また、目元トラブルにはアイクリームが効果的です。小じわから深いしわまで改善可能ですから、タイプによって有効成分を確認して取り入れましょう。

View Detail

きちんとした有効成分とは

鏡と化粧品

厚生労働省認定の有効成分

美白化粧品の人気ランキングでは、きちんとした有効成分が配合された美白化粧品が人気となっています。しかし、きちんとした有効成分を把握している方は多くはないようです。せっかく購入した美白化粧品が無駄にならないためには、きちんとした有効成分をまずは把握することが重要です。きちんとした有効成分とは、厚生労働省が認定した美白成分です。全部で11種類の有効成分が認定されており、これらの有効成分が配合された美白化粧品がおすすめです。人気ランキングでは12種類の有効成分が配合された美白化粧品が上位にランクインしており、ランキングを参考にしながら自分に合った美白化粧品を選びましょう。ではどのような有効成分が、厚生労働省に認定されているか見ていきましょう。

年齢によるシミの有効成分

厚生労働省に認定された11種類の有効成分は、カモミラET、トラネキサム酸、シクロアミノ酸誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、リノール酸、4MSKです。カモミラETは、カモミールに含まれる成分です。美白効果のほか、抗炎症作用が高い特徴があります。トラネキサム酸も、抗炎症作用が高い特徴があります。炎症が気になる方や敏感肌の方は、2つの有効成分がおすすめです。ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、4MSKは、肌のターンオーバーを正常に機能させる効果があります。年齢を重ねると、肌のターンオーバーの周期が遅くなります。20代では28日周期だった肌のターンオーバーは、60代では約90日周期までになってしまいます。年齢が原因でシミに悩まれている方は、3つの有効成分がおすすめです。人気ランキングと厚生労働省が認定した11種類の有効成分を比較し、自分に合った美白化粧品で美白ケアを行いましょう。

効果を上げる併用法

化粧品

美白の美容液の効果を高める方法として炭酸パックの併用が人気を高めています。炭酸パックの特徴は皮膚の透過性を高め、血流を上昇させることです。これによって美容液に含まれる美白成分がよく浸透し、新陳代謝がよくなることで色素成分の分解が促進されるのが美白に貢献する特徴です。

View Detail

気になる点に合わせて選択

笑顔の女性

アンチエイジング向けの美容液は価格が高いのが特徴です。ランキングの順位に関係なくそれなりの価格になるため、自身のトラブルの改善に役立つかどうかをよく確認することが大切です。また、有効な成分がどのような働きをするかもあらかじめ確認するとよいでしょう。

View Detail